teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:かがみあわせ  投稿日:2015年 1月 7日(水)23時11分56秒
  超久々に存在を思い出してみた
↓見てる
 
 

(無題)

 投稿者:だる  投稿日:2014年12月27日(土)09時42分55秒
  みんな!!
見てる~
 

(無題)

 投稿者:79  投稿日:2012年 3月30日(金)23時13分23秒
  保守  

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2011年 4月 5日(火)14時45分28秒
  http://morikinoko.com/archives/51692010.html  

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2011年 4月 5日(火)14時38分59秒
  http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-1120.html  

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2011年 4月 4日(月)16時28分0秒
  http://nicovip2ch.blog44.fc2.com/blog-entry-2222.html  

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2011年 2月15日(火)13時59分40秒
  449 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2011/02/15(火) 00:34:02
新しい職場に通い始めた初日。手早く昼飯を食うために讃岐うどんの店に駆け込んだ。

土曜日の昼間。席は家族連れなどで6割方埋まっており、店内にはゆったりとした空気が流れていた。
休日でない俺が注文したのは日替わりサービスメニューの天肉うどん。
エビ天2本とかき揚げ、牛肉が乗って500円。手頃な価格でボリュームもバッチリだ。


【続きを閉じる】 ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」

実は300円程度のシンプルな肉うどんで済まそうと思っていたのだが、メニューの写真の迫力に負けた。
財布にもちょうど500円玉があったし、何かの縁だろう。

注文して5分足らず、すぐにうどんが運ばれてきた。
具が山盛り。実に美味そうだ。
ここで目に入ったのはテーブルの上のゴマ。容器が我が家のとそっくりだったのだ。
慣れた手つきでゴマを振りかけようとした時、事件が起こった。

カパッ!  ドバー・・・

450 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2011/02/15(火) 00:35:29
よく漫画である、ラーメンにコショウをドバーッ!ってやつ。
アレのうどんとゴマ版。

エビ天とかき揚げの上に盛られたゴマの山。壮観である。
やってしまった。もったいない。ゴマを無駄にしてしまった。何よりお店に申し訳ない。
少し声が出てしまったと思う。
すると、横のオッサンが「ゴマ、もらおうか?」とレンゲを持ち言ってきた。
俺は「すいません、どうぞ。」とドンブリを差し出した。オッサンはスっとゴマを掬い出し、自らのドンブリに入れた。
すると、他の客、家族連れ、老夫婦もレンゲやドンブリを持ち寄り、俺のゴマを掬っていったのだ。
見知らぬ人の善意でどんどん減ってゆくゴマの山。

人助け。なんと素晴らしいことだろう。ここの土地の人々の優しさは空腹さえも満たしてくれそうだ。
俺は涙が落ちそうになるのをこらえながら、ゴマの無くなった素うどんをかき込むと足早に店を後にした。

うどんの秘密―ホンモノ・ニセモノの見分け方


実は300円程度のシンプルな肉うどんで済まそうと思っていたのだが、メニューの写真の迫力に負けた。
財布にもちょうど500円玉があったし、何かの縁だろう。

注文して5分足らず、すぐにうどんが運ばれてきた。
具が山盛り。実に美味そうだ。
ここで目に入ったのはテーブルの上のゴマ。容器が我が家のとそっくりだったのだ。
慣れた手つきでゴマを振りかけようとした時、事件が起こった。

カパッ!  ドバー・・・

450 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2011/02/15(火) 00:35:29
よく漫画である、ラーメンにコショウをドバーッ!ってやつ。
アレのうどんとゴマ版。

エビ天とかき揚げの上に盛られたゴマの山。壮観である。
やってしまった。もったいない。ゴマを無駄にしてしまった。何よりお店に申し訳ない。
少し声が出てしまったと思う。
すると、横のオッサンが「ゴマ、もらおうか?」とレンゲを持ち言ってきた。
俺は「すいません、どうぞ。」とドンブリを差し出した。オッサンはスっとゴマを掬い出し、自らのドンブリに入れた。
すると、他の客、家族連れ、老夫婦もレンゲやドンブリを持ち寄り、俺のゴマを掬っていったのだ。
見知らぬ人の善意でどんどん減ってゆくゴマの山。

人助け。なんと素晴らしいことだろう。ここの土地の人々の優しさは空腹さえも満たしてくれそうだ。
俺は涙が落ちそうになるのをこらえながら、ゴマの無くなった素うどんをかき込むと足早に店を後にした。
 

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2010年 8月 5日(木)11時55分8秒
  http://www.ne-ta.com/archives/1436129.html  

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2010年 5月21日(金)14時51分29秒
  http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-2096.html  

(無題)

 投稿者:kag  投稿日:2010年 3月29日(月)10時00分36秒
  http://hamusoku.com/archives/2954864.html  

レンタル掲示板
/101